モビットの手数料をなるべく節約するためのコツまとめ

モビットを利用するにあたって、まず入会金や年会費は一切不要です。但し、銀行振込でご返済される方はお客様自身で振込手数料を負担することになります。また、提携ATMを利用された場合は、取引金額一万円以下であれば、入出金とも108円、1万円を超える場合は、216円かかります。こちらの手数料は、次回入金される際に清算して頂く形になります。金利は、3.0%から18.0%で設定されています。算出方法は、借入残高×実質年率÷365日×返済期日までの利用日数で求めることができます。たとえば、3万円を借りて10日後に返済したとします。年率18.0%だとすると、利息は3万円×18.0%÷365日×10日で、147円となります。モビットの借入利率がいくらになるかは、申し込みをしてからでないとわかりません。また、返済が複数回になる場合は、計算が複雑になりますので、返済シュミレーションを利用すると良いでしょう。モビットは、三井住友銀行グループですが、銀行カードローンではなく、運営主体はあくまで消費者金融です。したがって、実質金利は3.0%からとうたっているのを見ると一見非常に低く感じますが、上限は18.0%であり、大手の銀行カードローンに比べると高い傾向にあります。初めて消費者金融を利用して最低実質年率が適用されることはまずありませんので、シュミレーションをする時は上限の18.0%を使用して計算するのが得策です。また、手数料を考える際は金利だけに目が行きがちですが、「支払総額」を見る必要があります。つまり、金利だけでなく、返済期間にも気を付けなければいけません。金利が多少低いとしても、返済期間が長くなれば、結果として多額の支払いをしなければならなくなります。たとえば、1.年率15%で50万円借り、1年で返済2.年率10%で50万円借り、2年で返済という2つのパターンがあるとします。1.では、支払総額は50万円+50万×15.0%÷365日×365日間で、50万+75,000円の利息となります。一方の2.では、支払総額は50万円+50万円×10%÷365日×730日間で、50万+100,000円の利息となります。年率だけで見ると、2.の10%の方がお得に感じますが、返済期間の違いを考慮すると、最終的な支払総額では年率15%の方が少なくすみます。モビットを利用される方は、以上のことを踏まえて手数料の計算をすることが大切です。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

モビットの手数料をなるべく節約するためのコツまとめ関連ページ

モビット|連帯保証人が必要な場合はありますか?
銀行などの金融機関からまとまったお金を借入れたいと思った場合、消費者にとって非常に高いハードルとなってくるのが担保や連帯保証人の用意についてです。金融機関からの借入で特に動く金額が大きくなりがちなのが住宅ローンですが、このローンの契約をしてお金を借入れる際には担保や連帯保証人は必ず必要になってきます...
モビット|個人事業主や自営業の借入審査のポイント
通常、消費者金融で個人事業主や自営業の方が借り入れを申し込む場合は、事業性資金に使えるローンやビジネス向けローンが、ありますのでそちらに申し込みをすることが多いです。個人事業主は連帯保証人や担保が不要で申し込めますし、総量規制の対象外なので、収入の3分の1を超える借り入れをしても認められる場合があり...
モビットのメリットとデメリット|長所も短所も知りたい!
モビットはとても有名なキャッシングで、現在では多くの人が利用しています。ただ、正しく利用する為にはそのメリットとデメリットを十分理解しておく事が重要と言って良いでしょう。まずメリットとして言えるのは、担保や保証人が必要ないという事です。
モビットの本人確認書類を提出する際に確認しておきたいこと
消費者金融では絶対に必要となるのが、本人確認の書類です。どの消費者金融でも、この書類で本人と確認できなければ、絶対に融資は不可能です。モビットで借り入れを申し込むときにも、本人確認ができる書類が必要です。webから申し込むweb完結の場合本
モビット|年齢は審査にどれくらい影響しますか?
消費者金融会社の一角を担うモビットは、誰もが借り入れ可能なわけではありません。数々の基準が設けられており、その一つひとつをクリアした人のみが利用できるようになっています。収入などといった曖昧な規定がある一方で、年齢については確固たる基準が設
モビットは保証人不要?申込に必要なもの調べました!
カードローンは申込みに、保証人をたてたり多くの書類を用意しなければいけないので、面倒くさいと感じている人も多いですが、ほとんどの金融業者では保証人は必要なく、申し込み書類も本人確認書類や収入証明書だけでいいので、手続きがとても簡単です。モビットも申込みには、保証人や担保を用意する必要がなく、簡単な手...
モビットの返済があると住宅ローン審査に影響するって本当?
モビットを利用している人が住宅ローンに申し込みをすると、審査で不利になるのかどうかと心配をする人もいるのではないでしょうか。確かにやや不利になることもあるのですが、心配しすぎる必要はありません。もしもそれで借りられないのなるのなら、日本で消
モビットの提出書類の注意点|スムーズに手続きしたい方必見
モビットからお金を借りる状況になった場合、できるだけ手続きを素早く済ませて現金を手にしたいものです。モビットでは専用のカードを使って銀行やコンビニなどのATMからお金を借りる方法と、インターネットを利用して手続きを行い、借りたお金を自身の口座に直接振り込んでもらう方法がありますが、どちらの方法を利用...
モビット|受任通知や送付先ってなに?※はじめての借入ナビ
債務整理に入り一番先に着手する事が受任通知を作成し、債権者に送ることです。通常は借入契約を行った金融機関の窓口が受任通知の送付先となります。しかしモビットの場合有人店舗やサービスセンターを設置していないので、送付先を探す事が必要になります。
外国人もモビットは申込可能?|借入の条件まとめ
消費者金融でお金を借りることができるのは、日本人のみだと思っている方は多いでしょう。もちろん海外からの旅行者が、日本に観光しているときに、いきなりお金を借りるということはできません。返済をしている保証がないからです。しかし日本に永住して普通
モビットなら受付時間が長いってホント?
モビットは消費者金融のローンですが、他の消費者金融業者のように店舗を持たずに営業しているので、その申し込みに際しては電話やネット、ローン契約機を利用しての申し込みとなります。すでに三井住友銀行、あるいは三菱東京UFJ銀行に普通預金口座が有るという人の場合、ネットを使用したWEB完結申込が便利です。
モビットのカードローンで郵送・電話なしで借入する方法
モビットは、三井住友銀行系のカードローンです。最近は簡単に申し込めるカードローンが増えていますが、中でもモビットは徹底した簡易性で利用者の便に応えています。特徴は、申し込みから利用まですべてインターネットやスマホなどで行なわれる「WEB完結」というシステム。三井住友銀行や三菱UFJ銀行に口座があれば...
モビット|総量規制対象カードローンの注意点
モビットは三井住友銀行グループの消費者金融で、カードローンサービスを提供しています。20歳以上で安定した収入のある方でしたら、正社員に限らずパートやアルバイトあるいは自営業の方もカードローンを利用することが出来ます。モビットのカードローンは資金使途が自由なお金を、最大800万円まで借りることが可能で...
モビットは相談・質問できる!借入の疑問を解決する方法
借金は大多数の現代人にとって馴染みが薄いため、当事者になれば多種多様な疑問点が噴出してしまいます。関連知識を多分に得ているのなら問題はありませんが、そうでなければ第三者に質問する必要性に駆られます。たとえば、モビットを利用している場合であって不明点について相談することを想定します。
モビットの在籍確認で電話連絡が来るのかどうか…?
職場への電話連絡が行われると職場にキャッシングを利用しようとしている事がバレてしまうのを恐れて返済する気も能力もあるのに虚偽内容を申告する人もいるかもしれないですが、虚偽内容を申告している時点で信用が無くなるので正しく申告する事が大切です。